クレジットカードを使って、公共料金が支払える自治体が、最近はふえています。どの地域で暮らしているかで、クレジットカードを公共料金の支払いに使えるかどうかは異なっているようです。クレジットカードのポイントを貯める時には、毎月いろいろと支払いが発生する公共料金はぴったりです。今では、ほとんどの人が日常的にクレジットカードを使っているため、公共料金も対応するようになったというわけです。そのため、クレジットカードで効率的にポイントをためるには、公共料金の支払いを利用するのが定番になってきました。ただし、自治体によっては公共料金の支払いをクレジットカードで行うと不利な部分もありますので、よく理解しておくことが重要です。本当にクレジットカードで公共料金を支払うほうがお得かどうかは、状況によって異なることがあります。公共料金の多くは、口座からの引き落としにしておくと、一定金額を値引きしてくれるということがあります。これは、口座振替をした時だけ、一定の割合でお金を差し引くというシステムです。といっても50円割引、せいぜい100円割引くらいのものでいかないのですが、少額であっても、割引であることには無視できないことです。クレジットカードで公共料金を支払うことにしたきに、ポイントいくら分かと、割引価格とを比べてみて、検討することは大事です。公共料金を支払う時には、クレジットカードで払ってポイントを貯めることと、口座からの引き落としにして割引をしてもらうこと、どちらがいいかを考える必要があります。